和の背景
称名寺 ロゴ

色光山 称名寺

​文明年間より続く歴史深き浄土真宗寺院

​称名寺の概略

文明年間(1469~1486)に称名寺開基祐西が、蓮如上人に帰依し、念仏道場より始まった寺院で、永正17年(1520)に本願寺より方便法身尊像を授かる歴史の長い寺院です。
初参式や仏前結婚式、葬儀や法事等仏事に関わる事はもちろんの事、報恩講や永代経、彼岸会などお寺の行事も行っております。

​葬儀・法事・納骨・永代供養も

永代合同納骨供養墓あります。

多目的ホール(法事・葬儀等使用可)あります。

葬儀・法事・納骨・仏前結婚式など、仏事全般お気軽にご相談下さい。

称名寺
墓
 
納骨堂について

ご遺骨の納骨をお考えの方

分骨を検討されている方

跡継ぎが無く、将来がご心配の方

お墓が遠く、近くでのお参りを希望される方

将来のために、生前に申し込みされたい方

現在御遺骨を、ご自宅などで安置されている方

これまでお寺とご縁がなかった方

阿弥陀様を信仰される方

このような方は特に納骨堂の利用に向いています。
まずは見学からでも、お気軽にお問い合わせください。

納骨堂
 
慈光ホール

多目的ホールである慈光ホールは、およそ70名様を一度に収容可能な広さがあり、ご葬儀・法事・結婚式等のセレモニーのほか、会合や発表会等にもご利用いただくことができます。
和室、洋室、炊事場、冷暖房を完備しており、過ごしやすい環境を整えてあります。

ご葬儀等のセレモニーに関して分からない事があれば、称名寺までお気軽にお問合せ下さい。

慈光ホール(内部)
 
交通案内

最寄り駅

阪急京都線、茨木市駅

道案内

大阪府立茨木高校の南側から阪急電車の高架をくぐって、まもなく称名寺が見えます。

駐車場

6台分有ります。